NAS

NAS 買い換え(HDL-TA3)

5 年前に導入した NAS、LS410D0301C 3TB が先日天寿を全うした。

pkgLinkStation の後継にしようかと思っていたのだが、ヨドバシの店頭でバッファロー LinkStation 3TB が 20,000 円くらい、アイ・オー・データ機器 HDL-TA 3TB が 17,000 円くらいと、3,000 円くらい差があったので、物は試しと HDL-TA3 を買ってみた。

……が、家に帰ってヨドバシオンラインを見てみたら、どちらも 15,000 円くらいで、価格差はなくなっていた……。レシート見たら、購入金額もオンラインと同じだった。単に、店頭価格の表示だけが遅れていたらしい。

ともあれ、早速接続。

landiskマニュアルにはアプリをインストールしないと設定できないような感じで書いてあるが、エクスプローラーに表示される LAN DISK のプロパティーからブラウザの設定画面を表示できた。

browser最初に管理者パスワードを入力後、さまざまな設定ができる。

HDL-TA3 の利点は、じぶんフォルダーという自動暗号化されるフォルダーが簡単に利用できるところ。

ただし、管理者画面でユーザーを作成してもダメで、ログイン画面でじぶんフォルダー用ユーザーを作成する点に注意が必要。

crystalCrystalDiskMark の結果は、シーケンシャルリード 115 MB/s、シーケンシャルライト 66MB/s。いずれも暗号化フォルダーではなく通常の disk1 にて測定。シーケンシャルリードは GbE の限界に近いのではないかと思う。速い! ちなみにカタログスペックだと、読み込み 97 MB/s、書き込み 73 MB/s。

ランダムリードも HDD なのに何気に速い。

欠点は、ブラウザで設定を変更する際、設定の保存にいちいち約 10 秒かかること。

NAS 買い換え

5 年前に導入した NAS(LS-V2.0TL)が、少し前に天寿を全うした。

主にバックアップ用途で使用していたので、NAS のデータが飛んだからといって実害はないのだが、バックアップが無い状態での運用は危険なので、新たな NAS を購入。

新たな NAS は同じく BUFFALO 製 LinkStation で、LS410DC シリーズ LS410D0301C。以前のは縦置きだったが、今回は横置きなので、安定性(物理)は増した気がする。

LS410D0301CCrystalDiskMark でのベンチマークは右の通り。

シーケンシャルリードは 70MB/s。公称の 100MB/s には及ばないが、十分に高速。

シーケンシャルライトの 40MB/s はいただけない。以前のは 60MB/s くらいあったのに、スペックダウンしている……。

WebUIWeb ブラウザでアクセスできる設定画面の UI はだいぶ変わった。

現在の状態の概要が簡単に分かるのが良い。


カンパのお願い
Amazon でお買い物の際は、下記で検索して頂けたら幸いです。
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ