ちょちょいと自動更新

初代ちょちょいと自動更新について

アプリケーションの自動更新などができる初代「ちょちょいと自動更新」についてですが、後継となる「ちょちょいと自動更新 2」を公開したため、初代については開発終了といたします。

今後は、後継のちょちょいと自動更新 2 をご利用ください。

ちょちょいと自動更新 2 Ver 1.03 公開

CUpdater2_Ask開発者向けツール「ちょちょいと自動更新 2」を新たに公開。

初代ちょちょいと自動更新の後継となるツールで、アプリケーションの最新情報の取得や自動更新を行える。初代は .NET Framework を使用していたが、2 では .NET 6 となった。また、外観もモダンになっている。
なお、ゆかりすたー NEBULA の更新ツールは既に初代から 2 に移行済。

ちょちょいと自動更新のリニューアルに着手

ニコカラメーカー 2 など各種アプリケーションの自動更新のために使用している「ちょちょいと自動更新」をリニューアル予定。

ちょちょいと自動更新で使用しているフレームワーク .NET Framework が将来的にサポート終了となる見込みのため、新たなフレームワーク .NET にてイチから作り直し。

新たな機能は増えない予定だが、見た目はモダンになる予定。

ちょちょいと自動更新のソースコード管理を GitHub に移行

アプリの自動更新機能を実現するための開発者向けツール「ちょちょいと自動更新」について、これまではソースコードをウェブサイト上で公開していましたが、今回より、GitHub での管理に移行しました。

なお、ソースコード上でのバージョンは現在 Ver 3.15 です。

ちょちょいと自動更新 Ver 3.05 を公開

唄詠自動更新確認「ちょちょいと自動更新」は、アプリの自動更新機能を実現するための開発者向けツールです。もともと唄詠などの SHINTA ソフトウェアに同梱されているツールですが、他のアプリでも使えるために、単体でも公開しています。ただし、機能は少ないです。

今回、ちょちょいと自動更新の Ver 3.05 を公開しました。

バージョンアップ内容は、多重起動などに関する微少なバグ修正です。

ちょちょいと自動更新のダウンロードは、以下からどうぞ。

なお、ちょちょいと自動更新の実行には、.NET Framework 4.5 が必要です。

ちょちょいと自動更新 Ver 3.01 を公開

「ちょちょいと自動更新」は、アプリの自動更新機能を実現するための開発者向けツールです。もともと唄詠などの SHINTA ソフトウェアに同梱されているツールですが、他のアプリでも使えるために、単体でも公開しています。ただし、機能は少ないです。

今回、ちょちょいと自動更新の Ver 3.01 を公開しました。

本バージョンより SSL に対応しました。取得する RSS や更新版アーカイブのダウンロード先として、https の URL を使うことができます。

また、これまで開発環境として使用していた C++Builder をやめて、新たに Visual Studio C# にて開発し直しました。

ちょちょいと自動更新のダウンロードは、以下からどうぞ。

なお、ちょちょいと自動更新の実行には、.NET Framework 4.5 が必要です。

カンパのお願い
Amazon でお買い物の際は、下記で検索して頂けたら幸いです。
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ