DirectX 系譜図 メモ

DirectX や Media Foundation 周りの関係性がいつも分からなくなってしまうので整理して系譜図にまとめた。
DirectX系譜図


メモ

  • DirectX には基本ランタイム(Windows プリインストールや Windows Update で入る)と追加ランタイム(Windows 8.x 以降で特定のバージョンがプリインストール)がある。
  • DirectX 1.0 は Game SDK として発表された。
  • DicrectInput は DirectX 1 から存在していたという記述もあるし、DirectX 3 で統合されたという記述もある。
  • DirectX 4 は欠番。
  • XACT 終了時の DirectX バージョンは不明だが、Windows 8 で廃止。
  • XAudio は Xbox 専用で、PC で使えるのは XAudio2。
  • D3D は 11 からビデオ再生ができる。

参考資料



ニコカラメーカー 2 Ver 11.99 公開

nkm2ニコカラメーカー 2 Ver 11.99 を公開しました。

ニコカラメーカー 2 は、カラオケ字幕動画ファイル(ニコカラ)を手軽に作ることができる字幕焼き付けツールです。画面の案内に従って操作を進めていくことで、ニコカラができあがる流れになっています。

ニコカラメーカー 2 Ver 11.91 公開

自動で表示時刻を設定ニコカラメーカー 2 Ver 11.91 を公開しました。

ニコカラメーカー 2 は、カラオケ字幕動画ファイル(ニコカラ)を手軽に作ることができる字幕焼き付けツールです。画面の案内に従って操作を進めていくことで、ニコカラができあがる流れになっています。

MSIX パッケージからのインストール方法

開発者用ダウンロードとして公開している MSIX パッケージからのアプリインストール方法をまとめました。

PC 操作の知識と管理者権限が必要です。

事前準備

予め、PC の設定を変更しておきます。Windows の設定で「開発者向け」のページを開きます。

devmode開発者モードを「オン」にします。

scriptまた、PowerShell(署名無しスクリプトの許可)の適用ボタンをクリックします。

アンインストール

対象のアプリが既にインストールされている場合は、アンインストールします。

ダウンロード

配布サイトから zip ファイルをダウンロードします。

zip ファイル名の後半に数字が並んでいますが、その数字の先頭がバージョンを表しています。

例えば、「NicoKaraMaker2_Package_11.53.11.0_Test.zip」であれば、Ver 11.53 ということになります。目的のバージョンのファイルをダウンロードします。

ダウンロードした zip ファイルを解凍しておきます。

アプリのインストール

PowerShell を実行します。

zip ファイルを解凍したフォルダーからさらに 1 階層深いフォルダー(Install.ps1 ファイルがあるフォルダー)に移動します。

PS> CD 目的のフォルダーパス

InstallPsInstall.ps を実行します。

PS> .\Install.ps

Shoumei新しい PowerShell が開き、証明書のインストールについて尋ねられるので、Y で回答します。

Imstalling証明書のインストールが終わると、元の PowerShell に戻り、インストールが続行します。

Done「アプリは正常にインストールされました」表示されればインストール完了です。

起動

PowerShell を実行したユーザーのスタートメニューにアプリが登録されているので、スタートメニューから起動して動作確認をします。

注意点

この方法でインストールしたアプリは、バージョンアップ版が公開されても自動的に更新されません。

いったんアプリをアンインストールしたうえで、Microsoft Store から最新版をインストールしてください。

ニコカラメーカー 2 Ver 11.53 公開

Nkm2ニコカラメーカー 2 Ver 11.53 を公開しました。

ニコカラメーカー 2 は、カラオケ字幕動画ファイル(ニコカラ)を手軽に作ることができる字幕焼き付けツールです。画面の案内に従って操作を進めていくことで、ニコカラができあがる流れになっています。

カンパのお願い
Amazon でお買い物の際は、下記で検索して頂けたら幸いです。
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ