Windows10Mobile

Windows Phone(Windows 10 Mobile スマホ)12 機種比較

Windows 10 Mobile を搭載した Windows Phone がついに発売された。

発売済み、および発売予定の 12 機種について、現時点で判明している部分を整理して比較表にまとめてみた。Microsoft 謹製の Windows Phone は日本では発売されないとのことなので、グレーアウトし除外している。

下の表は、クリックすると拡大する。

WindowsPhone比較

EveryPhone(ヤマダ電機)

everyphone 突如登場し、日本での Windows Phone 発売第一号の座をさらった。

HD ディスプレイ、メモリ 2GB、ストレージ 32GB を備える。全体的なスペックはミドルレンジながら、直近で発売される Windows Phone の中では最も高スペックな機種。その代わり、約 43,000 円(税込)と価格も一番高い。

KATANA 01/02(FREETEL)

発売第二号は、katana02FREETEL の KATANA 01。

驚くべきはその価格。当初は 2 万円程度が見込まれていたが、一気に値下げし、14,000 円に。この価格で買えるスマホは、Android 機でもそうそう無いのではないだろうか。

スペックは、CPU が Snapdragon 210、メモリ 1GB、ストレージ 8GB。ディスプレイは 4.5 インチ 854×480 ピクセル。ローエンドであるが、実用に耐えるレベルで動作するようである。

KATANA 01 はすでに発売されたが、上位機種の KATANA 02 は来年 1 月発売予定。HD ディスプレイと 2GB メモリ、ストレージ 16GB と、ミドルレンジの性能になるようである。

MADOSMA Q501A/Q501AO(マウスコンピューター)

既存の(Windows 8.1 の)Windows Phone を Windows 10 に進化させたもの。

スペック的には、メモリやストレージがローエンド、CPU やディスプレイはミドルレンジな感じだ。

Q501A が通常モデル、Q501AO は Office 365 付属モデル。

Q501A/AO よりも大きなサイズのスマホも登場するという話であるが、こちらについては詳細情報が無い。

Diginnos Mobile DG-W10M(サードウェーブデジノス)

ドスパラの DG-W10M は、クアッドコア CPU 搭載。CPU 型番は不明ながらも、プレスリリースに「お求めになりやすい価格」と書かれていることから、ハイクラスの CPU ではなさそう。価格を 2~3 万円程度に抑えるつもりなのだろう。

LTE のサポート状況も上々。docomo のトリプルバンドをサポートしているので、docomo 系 MVNO の SIM を使えば、全国どこでも繋がりやすい(docomo のバンドについてはこちらの記事を参照)。

Liquid M330/M320(日本エイサー)

日本エイサー の Liquid M330/M320 は、CPU 型番が明確になっている。MSM 8909 と 8209 の違いがよく分からないが、統合モデムが LTE か 3G かというだけで、CPU コアは一緒かもしれない。

M330 の価格はユーロベースを単純に為替換算しているが、日本での正式価格は不明だ。

Jade Primo(日本エイサー)

日本エイサーのハイエンドモデル。フル HD ディスプレイとヘキサコア CPU を搭載。その他もハイスペックだが、まだ不明な点も多い。

NuAns NEO(トリニティ)

デザイン性の高いスマホ。

まだ市場に出回っていない新 CPU「Snapdragon 617」(8 コア)を搭載する予定。まだ不明な点も多いが、ミドルレンジ~ハイエンドの性能になりそうだ。

WPJ40-10(geanee)

wpj40-10_img_00_p geanee の WPJ40-10 は、判明している中では最もディスプレイのサイズがコンパクト。スペックも全体的に低めなので、買いやすい価格になるのではないだろうか。

VAIO

VAIO については情報が全くない。機種名すら不明。ハイスペックな機種を出してきたりすると面白いのだが。

(番外)Lumia 550/950/950XL

Lumia-950-XL-hero-jpg 日本では発売されない Lumia シリーズについても一応。

Lumia 950 と 950XL は 2560×1460 ピクセルのディスプレイを備えるハイスペックスマホ。明示的には記載されていないものの、下位の 550 が LTE をサポートしていることから考えても、当然 LTE はサポートであろう。

最上位の 950XL が搭載する CPU は Snapdragon 810 で、発熱に問題のある CPU だが、水冷で対応するとのことなので、発熱問題もクリアしてくる可能性がある。


参考リンク

Windows Phone(Windows 10 Mobiel スマホ)13 機種比較

※更新記事を公開しました→Windows Phone(Windows 10 Mobile スマホ)12 機種比較

Windows 10 for phones and tablets や Windows Mobile 10 などとよばれていたモバイル用 Windows 10 の名称が「Windows 10 Mobile」となり、2015 年後半に提供開始される見込みとなった。

それにあわせ、続々と Windows 10 Phone が発表になっている(把握している限りでは 13 機種)。現時点で詳細な情報は少ないが、判明している部分を整理して比較表にまとめてみた。下の表は、クリックすると拡大する。

WindowsPhone13機種比較

開示されている情報の範囲では、お手頃価格のエントリー~ミドルレンジ製品が多そうだ。

Diginnos Mobile DG-W10M

ドスパラの DG-W10M は、クアッドコア CPU 搭載。CPU 型番は不明ながらも、プレスリリースに「お求めになりやすい価格」と書かれていることから、ハイクラスの CPU ではなさそう。価格を 2~3 万円程度に抑えるつもりなのだろう。

LTE のサポート状況も上々。docomo のトリプルバンドをサポートしているので、docomo 系 MVNO の SIM を使えば、全国どこでも繋がりやすい(docomo のバンドについてはこちらの記事を参照)。

KATANA 01/02

katana02FREETEL の KATANA 01/02 は、価格がきちんと示されている。

公開情報がドスパラと入りくりになっているが、感触としては、ドスパラ機と同程度のスペックであろう。

Liquid M330/M320

日本エイサー の Liquid M330/M320 は、CPU 型番が明確になっている。MSM 8909 と 8209 の違いがよく分からないが、統合モデムが LTE か 3G かというだけで、CPU コアは一緒かもしれない。

M330 の価格はユーロベースを単純に為替換算しているが、日本での正式価格は不明だ。

WPJ40-10

wpj40-10_img_00_p geanee の WPJ40-10 は、判明している中では最もディスプレイのサイズがコンパクト。スペックも全体的に低めなので、買いやすい価格になるのではないだろうか。

Lumia 550/950/950XL

Lumia-950-XL-hero-jpg Lumia 950 と 950XL は 2560×1460 ピクセルのディスプレイを備えるハイスペックスマホ。明示的には記載されていないものの、下位の 550 が LTE をサポートしていることから考えても、当然 LTE はサポートであろう。

最上位の 950XL が搭載する CPU は Snapdragon 810 で、発熱に問題のある CPU だが、水冷で対応するとのことなので、発熱問題もクリアしてくる可能性がある。

その他

その他の機種は、現時点では情報が無い。NuAns NEO については 11 月に詳細が公開されるようだ。

VAIO については機種名すら不明で、まったくの謎。ハイスペックな機種を出してきたりすると面白いのだが。

参考リンク

Windows 10 Mobile 搭載スマホ 6 社 9 機種比較

※更新記事を公開しました→Windows Phone(Windows 10 Mobiel スマホ)13 機種比較

Windows 10 for phones and tablets や Windows Mobile 10 などとよばれていたモバイル用 Windows 10 の名称が「Windows 10 Mobile」となり、2015 年後半に提供開始される見込みとなった。

それに合わせ、サードウェーブデジノス(ドスパラ)、プラスワンマーケティング(FREETEL)、日本エイサー、マウスコンピューター、トリニティ、VAIO の 6 社から、Windows Mobile 10 搭載のスマートフォンが発売される見通しとなった。

現時点で詳細な情報は少ないが、判明している部分を整理して比較表にまとめてみた。下の表は、クリックすると拡大する。

Windows10Mobile

比較的情報が開示されている 3 社のスペックを見る限りでは、お手頃価格のエントリー~ミドルレンジ製品が多そうだ。

ドスパラの DG-W10M は、クアッドコア CPU 搭載。CPU 型番は不明ながらも、プレスリリースに「お求めになりやすい価格」と書かれていることから、ハイクラスの CPU ではなさそう。価格を 2~3 万円程度に抑えるつもりなのだろう。

FREETEL の KATANA 01/02 は、価格がきちんと示されている。

Liquid M330/M320 は、CPU 型番が明確になっている。MSM 8909 と 8209 の違いがよく分からないが、統合モデムが LTE か 3G かというだけで、CPU コアは一緒かもしれない。M330 の価格はユーロベースを単純に為替換算しているが、日本での正式価格は不明だ。

その他の機種は、現時点では情報が無い。NuAns NEO については 11 月に詳細が公開されるようだ。

VAIO については機種名すら不明で、まったくの謎。ハイスペックな機種を出してきたりすると面白いのだが。

情報元:
カウンター


カンパのお願い
Amazon でお買い物の際は、下記で検索して頂けたら幸いです。
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ