H265

H.264 / H.265 再生負荷メモ(Core i7-3770S)

H.264 でエンコードされた動画と、H.265 でエンコードされた動画をそれぞれ再生した時の、CPU / GPU 負荷がどれくらいか、のメモその 2。

再生環境はメインマシンで、CPU は Intel Core i7-3770S(4 コア 8 スレッド)、GPU は RADEON HD 5570(UVD 2.2 搭載)。H.264 のデコードは GPU のハードウェア支援があるが、H.265 は支援がない。

Full HD のモニターを接続して動画を再生した時の負荷を計測(GPU 負荷は計測不可)。動画プレーヤーは MPC-HC。結果は以下。

Decode_i73770S


意外なことに、Full HD サイズまでは H.264 と H.265 の負荷に差が無い。4K2K では差が出ている。

もしかしたら、H.264 の GPU 支援は効いていないのかもしれない。4 スレッドの i7-7500U で H.264 Full HD の負荷が 7% だったのに対し、8 スレッドの i7-3770S の負荷が 9% なのは不自然に思える。GPU 支援が効かずに CPU で処理しているから負荷が高いのではないか。

CPU パワーごり押しだとしても、旧世代の i7 でも、H.264 も H.265 も問題なく再生できている。

【追記】
VLC プレーヤーで再生したところ、H.265 は H.264 の 1.5 倍くらいの再生負荷となった。MPC が利用している H.265 デコーダーが優秀ということなのか?

H.264 / H.265 再生負荷メモ(Core i7-7500U)

H.264 でエンコードされた動画と、H.265 でエンコードされた動画をそれぞれ再生した時の、CPU / GPU 負荷がどれくらいか、のメモ。

再生環境は NEC LAVIE Hybrid ZERO で、CPU は Intel Core i7-7500U(2 コア 4 スレッド)、GPU は内蔵の Intel HD グラフィックス 620(QSV 6 搭載)。H.264 / H.265 のデコードは GPU のハードウェア支援がある。

セカンドディスプレイに Full HD のモニターを接続し、セカンドディスプレイで動画を再生した時の負荷を計測。動画プレーヤーは MPC-BE。結果は以下。

Decode


第 7 世代の Core プロセッサーでは、CPU 負荷・GPU 負荷ともに、H.264 と H.265 でほとんど差が無いようだ。

以下に、CPU 負荷の推移のグラフを貼っておく。赤線部分が動画を再生している時の負荷。

H264_HDH.264 / HD

H264_FHDH.264 / Full HD (30 fps)

H264_FHD_60H.264 / Full HD (60 fps)

H264_4KH.264 / 4K2K

H265_SDH.265 / 640 x 360

H265_HDH.265 / HD

H265_FHDH.265 / Full HD

H265_4KH.265 / 4K2K



カウンター


カンパのお願い
Amazon でお買い物の際は、下記で検索して頂けたら幸いです。
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ