GAE-Cron という Web アプリが公開されている。一定時間ごとに特定の Web ページを読み込むためのツールで、主な用途は Web 型 bot の駆動。癒やし系 bot「とわのっと」も GAE-Cron で駆動している。

GAE-Cron は Google App Engine (GAE) 上で動く。ソースコードが公開されており、誰でも GAE アカウントがあれば設置できる。また、1 人が設置して URL を公開すれば、複数人が利用できる便利なツールだ。

かくいう自分も GAE-Cron をデプロイ(公開)して GAE-Cron プロバイダーの 1 つとなっている。

しかしこの度の GAE の無料アカウント負荷制限の厳格化により、GAE-Cron のリソースが厳しくなってきた。

GAELoadGAE のダッシュボードを見てみると、「Frontend Instance Hours」が 25.18/28.00 の 90% に到達しており、ギリギリの状態。名前からして何らかのインスタンスを生成した数なのだろうが、推移を見ていると、Hours という名前に反して、1 時間ごとの平均ではなく、24 時間積もっていくような印象を受ける。日本時間の 17 時にリセットされる。画像は 17 時直前のもの。

折れ線グラフの右側の値が高いのは、ブラウザでメンテナンス作業をしたからかも。

割り当てをオーバーするとしばらくの間使えなくなってしまうので、対策を講じた。

登録できる人数を減らし、無効化されているアカウントを削除。また、極端に負荷の高い設定をしているアカウントは削除させてもらった。

これでどのくらい負荷が改善されるかな。