マシンベンチマークまとめ

マシンベンチマークまとめ(メインマシン:Radiant 3700X)

新しい Ryzen 7 3700X マシン(詳細スペックはこちら)のストレージ性能を CrystalDiskMark で見てみた。

C ドライブ(NVMe SSD)

Western Digital WD BlackWD Black SN750 WDS500G3X0C は NVMe SSD の中でも比較的高速な部類の SSD で、CrystalDiskMark の成績も良い。

シーケンシャルリード 3475MB/s とカタログスペック(3470MB/s)通りの性能が出ている。

シーケンシャルライトは 2585MB/s とカタログスペック(2600MB/s)に僅かに及ばないが十分な性能。

ランダムリードは 50MB/s 越え。

ランダムライトはなんと 200MB/s 越えで、HDD のシーケンシャルライトより速いのではないか。

D ドライブ(SATA SSD No.1)

Micron12TB では激安の Micron 1300 MTFDDAK2T0TDL-1AW1ZABYY。他のが少なくとも 25,000 円以上する中で、これだけ 20,000 円で買える。

SATA SSD としては十分な性能(というか SATA 規格の限界でこれ以上の性能が出ない)で、シーケンシャルリード・シーケンシャルライト共に 530MB/s 越え。カタログスペックは 530MB/s と 520MB/s なので、シーケンシャルライトはカタログスペックを上回っている。

ランダムリードは約 40MB/s と、SATA SSD としては最速クラスではないだろうか。

E ドライブ(SATA SSD No.2)

Micron2同じく Micron 1300。

当然ながら、性能は D ドライブと同等。

当初はシーケンシャルリードが約 400MB/s と微妙に遅かったが、これはどうやら SATA ケーブルが古かったのが悪さをしていたようだ。新しいケーブルと交換したことで、本来の性能を発揮できるようになった。

F ドライブ(外付け HDD)

WD_HDD_7USB 3.0 接続の外付け RAID HDD ユニット、Western Digital My Book Duo WDBLWE0080JCH-JESN。


HDD ということで途端に性能が悪くなっている。加えて、4 年越しの使い古し品であることも悪条件。


新品の時に測定したデータと比べると、シーケンシャルは約 2/3、ランダムは約半分に性能が落ち込んでいる。


ポータブル 2.5 インチ HDD

WD_HDD_PortableUSB 3.0 接続のポータブル外付け 2.5 インチ HDD、Western Digital My Passport。

2.5 インチなのでさらに性能が低い。

補足

ウィルス対策ソフトはインストールしただけでもストレージ性能下がるかなと思っていたが、実際はそうでもなかった。

インストール前と、インストール後に保護停止にした状態でそれぞれ SSD の性能を測定したが、有意な差は見られなかった。

なお、ウィルス対策ソフトは Kaspersky を使用している。

マシン消費電力まとめ(メインマシン:Core i7)

メインマシンの消費電力をごく簡単に測定した結果、49~104W 程度の消費電力だった。

電源投入後はかなり上下があるものの、90W くらい。

wattアイドル時は基本的に 49W。たまに上振れして、57W くらいまで上がることがある。

EncodeSettingsフル HD 60 fps の動画を H.264 から H.265 にトランスコードしている時は 104W。

EncodeLoadただし、CPU ロードは 90% 程度なので、フル稼働にはなっていない。

EncodeTimeちなみに、所要時間は予想値で 3 時間 35 分程度だった。

CrystalDiskMark してる時のも測定すればよかったな。

マシンベンチマークまとめ(メインマシン:Core i7)

新しい Core i7 マシン(Core i7-3770S/RADEON HD 5570 他、詳細スペックはこちら)の性能を見てみた。

Windows 7 エクスペリエンスインデックス

Windows7エクスペリエンスインデックス前世代の Core i5 マシンからパーツを使い回しているグラフィックス以外はスコアが上がり、上限値(7.9)にほぼ貼り付いている。
  • プロセッサ:7.7
  • メモリ:7.8
  • グラフィックス:6.8
  • ゲーム用グラフィックス:6.8
  • プライマリハードディスク:7.9
初回測定時はプライマリハードディスクが 5.9 という異様に低い値になったんだけど、何かあったのだろうか……。

Windows 7 の起動

Windows の起動(コールドブート)に要する時間を測定してみた。
  • 電源を入れてから Windows 7 を読み込み始めるまで:22 秒
  • Windows 7 を読み込み始めてからユーザー選択画面が出るまで:19 秒
  • 合計:41 秒
読み込み始めるまで(BIOS POST)が長いのは、SATA→eSATA に変換して接続している外付け RAID ユニットがあるため。RAID ユニットがなければこの時間が半分くらいになるかも。

読み込み始めてからの時間はもう少し短くならないものか……と思ってしまう。

なお、Windows 7 インストール時は、UEFI DVD ブートにて行った。

なお、スリープからの復帰は 4 秒。

CrystalDiskMark

CrystalDiskMarkResult_1000MBPLEXTOR M5 Pro 512GB(PX-512M5P)の速度を測定。さすが SATA 3(6Gbps)SSD、高速だ。


シーケンシャルリードは、公称値(540MB/s)に若干及ばないものの、521MB/s と、とても高速。以前の東芝 SSD(209MB/s)の 2.5 倍近くの速度だ。


シーケンシャルライトは、ほぼ公称値(450MB/s)通りの、443MB/s。こちらも以前(171MB/s)2.5 倍。


4K ランダムは 32MB/s と、これまた以前(13MB/s)の 2.5 倍。

CrystalDiskMarkResult_100MB参考に、100MB での測定結果も。


1000MB の時と大きなずれはなく、安定して性能が出ている印象。

PCMark7

Ver 1.0.4.0
総合スコア 4035

MHF ベンチマーク【大討伐】

MHF_Result_i71920x1080 フルスクリーン
スコア 2356

前世代とグラボが代わっていないのにスコアが伸びているので、CPU の演算も効いてるベンチなのか。

マシンベンチマークまとめ(メインマシン:Core i5)その 2

Core i5-750s/RADEON HD 5570 等のマシンにて、追加でベンチマークを実施したのでその結果を。

  • PCMark 7 1.0.4.0……3257
  • MHF ベンチマーク【大討伐】(1920x1080)……2164

マシンスペック詳細はこちら

その他のベンチマーク結果はこちら

カウンター


カンパのお願い
Amazon でお買い物の際は、下記で検索して頂けたら幸いです。
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ