BeOS の後継となる Haiku は、2012 年 11 月に R1/Alpha4 がリリースされて以来、節目となるリリースが来ないままだったが、ようやく R1/beta1 がリリースされたので、早速動かしてみた。

せっかくなので実機で動かそうと、NEC の LAVIE Hybrid ZERO で試してみた。

まずはメインのデスクトップマシンでイメージ作り。

ダウンロードサイトで 64bit 版をダウンロード。
Etcher
公式手順に従い、解凍後のイメージを Etcher で USB メモリに書き込む。昔は DD for Windows とかで書き込んだ記憶があるが、モダンになった感じ。書き込み先の USB メモリはパーティションが切られていたが、問題なく上書きできた(もちろん全パーティションが無くなるので書き込み先の選択は慎重に)。

できあがった USB メモリを LAVIE に挿して LAVIE を起動したが、そのままでは Windows 10 が起動してしまう。

optionShift を押しながら Windows 10 を再起動すると、UEFI メニューに入れる。セキュアブートを OFF にし、起動ドライブを USB メモリに指定。

boot設定を保存して起動すると、USB メモリから Haiku が起動する。

welcomeようこそ画面が表示されるので、左側の言語リストの一番下にある日本語を選択し、「デスクトップを起動」をクリックすると、PC に Haiku をインストールせずにライブ CD(というかライブ USB)で Haiku が起動する。

残念ながら画面タッチは有効にならなかったので、マウスパットで操作する。

デスクトップ付属のアプリをいろいろ起動してみた様子が右の画面。

とても残念なお知らせは、Wi-Fi が使えないこと。ここの「Offline download of binary firmware files.」参照して、Windows 上でバッチファイルを実行したが、エラーが出てうまく wget が動かない。バッチファイルを書き換えて wget に --no-check-certificate オプションを付けてみたり、wl_apsta-3.130.20.0 がもう無いので代わりに wl_apsta-3.130.20.0.o をダウンロードしてリネームしたり、2 つの byteswap.h を手動でダウンロードして zip に追加したりしてなんとか zip を作ってみたものの、Haiku 上で zip を /boot に解凍して install-wifi-firmware.sh を実行するとコンパイルに失敗しているようなエラーとなり、お手上げ。

まだβ版なので過度な期待は禁物なのは分かっているが、やはりネットワークは使えるようになって欲しいところ。

また、データ交換用に 2 つめの USB メモリを挿すと、マウント・アンマウントが不安定で、うまくアクセスできない USB メモリがあった。まったく反応しない USB メモリがあったり、デスクトップ右クリックのポップアップメニューがフリーズして Tracker を殺しても復活しなかったり。

動画再生良いお知らせは、サウンドカードがちゃんと使えて、動画も音声付きで再生されたこと。

今後のバージョンアップがどうなっていくか、見守っていきたい。