BackupChainストレージとデータバックアップについて、現状を整理。

バックアップの流れは右の図のようになっている。

PC 内

C ドライブはシステム用のため、基本的にはバックアップすべきデータは無い……が、アプリの設定のうち、ファイル形式になっていてバップアップが可能なものについては、日次で D ドライブにバックアップしている。

バックアップに使用しているツールは BunBackup。これを Windows のタスクスケジューラで毎日起動している。

PC →外付け HDD

D ドライブと E ドライブ(それぞれ 2TB)はデータ用のため、基本的にはバックアップが必要。

ほとんどのデータについて、日次で外付け HDD へバックアップしている。使用ツールは同じく BunBackup。

外付け HDD は RAID 1(ミラーリング)となっているため、ほとんどのデータは
  • PC 内の SSD
  • 外付け HDD の HDD 1
  • 外付け HDD の HDD 2
の 3 箇所に保存される運用となっている。

さらに、一部のデータは複数世代にわたってバックアップしている。

ちなみに、RAID 1 よりも RAID 5 などのほうが容量効率は良いが、RAID 5 などで運用していると RAID コントローラが故障した際にデータの復旧が困難となる。RAID 1 であればコントローラが故障しても HDD をつなぎ替えるだけで内容を読み取れるため、RAID 1 を使用している。

外付け HDD→クラウド

データのうち、特に重要なものについては、クラウドにも定期的にバックアップしている。

課題

データ用 SSD の内容はほとんどがバックアップされているが、すべてではない。以前は外付け HDD の容量が小さかったため、一時作業用などのデータをバックアップしていなかったが、外付け HDD の容量が倍増したので、すべてバックアップするように変更すべきかもしれない。

クラウドは容量が小さいので、クラウドに持って行けるデータが少ない。この点は改善の余地がある。