Haiku が CD ブートしないディスク構成を調査

HaikuCDブートKDLHaiku OS を CD ブートさせようとしたら KDL へ招待されてしまった(カーネルパニック)ので、原因を調査。

結論

マシンに接続されている HDD とそのフォーマットにより、CD ブートの可否が変わってくる。

結論としては、NTFS 以外でフォーマットされた HDD がプライマリーマスターに接続されている場合は、HDD の数は 1 つでないと、CD ブートしない。

調査環境

実機ではなく、VMWare 上での調査となっている。実機でどうなるかは未検証。使用したバージョンは
  • haiku-nightly-hrev44273-x86gcc2hybrid-anyboot
  • VMWare Player Ver 4.0.4 (build-744019)
anyboot イメージを DAEMON Tools でマウントしたものを、VMWare 側でホストの物理ドライブとして読み込んでいる。

起動早見表

IDE の各コネクタに、以下のようにドライブ(1 ドライブ 1 パーティション)を接続して、Haiku (r44273) を CD ブートさせた際の結果を記載した。

組み合わせ名プライマリーセカンダリー結果
マスタースレーブマスタースレーブ
1 ドライブ(未フォーマット)未フォーマット-CD-
1 ドライブ(BFS)BFS-CD-
1 ドライブ(NTFS)NTFS-CD-
CD 優先CD-未フォーマット-
未フォーマット先頭 1未フォーマット未フォーマットCD-×
未フォーマット先頭 2未フォーマットBFSCD-×
BFS 先頭BFSBFSCD-×
NTFS 先頭 1NTFS未フォーマットCD-
NTFS 先頭 2NTFSBFSCD-
NTFS 先頭 3NTFSNTFSCD-
NTFS 先頭 4NTFS未フォーマット未フォーマットCD
NTFS でフォーマットしたドライブを先頭につないでおけば、未フォーマットのドライブが続いても起動する。

余談

仮想マシン設定もともと、VMWare 上で Haiku を CD ブートさせて、VMWare の HDD に Haiku をインストールしたかったので、CD ブートを試してみた、というのが事の発端。

もちろん、Haiku の VMWare イメージは配布されているので、通常はそれを使えば良いのだが、今回は VMWare 上に Haiku のメイン環境を作りたかったので、大きめの容量の HDD を使いたかった。VMWare イメージは 500MB くらいしかディスク容量が無いので、まっさらな HDD に CD ブート Haiku をインストールしようと。

予想外のところでトラブルが発生して時間がかかってしまった……。

VirtualMemoryインストール後、やけにディスク容量が消費されているので見てみたら、スワップファイルだった。スワップファイル(VirtualMemory)は使用しない設定になっているのに、ファイルだけ存在していて 2GB ほど消費している。一度有効にして、スワップサイズを最小の 1MB にしてから、再び無効にした。

京王八王子駅バスターミナルで WiMAX

WiMAX エリアレポート。

調査場所

京王八王子駅バスターミナル京王線京王八王子駅のバスターミナル、4 番乗り場

半屋内となっているバスターミナルで、一番奥に位置する乗り場です。アンテナ 5 本と電波状況は良好。

このバスターミナル、少し前に、電光掲示板によるリアルタイムバス運行状況が表示されるようになり、便利になりました。

測定速度

10Mbps 以上(下り 13.4Mbps、上り 2.01Mbps)

WiMAX にしてよかった!ここがすごい!と思うこと

いつでもどこでも、すぐにインターネットが使えるのが WiMAX の良いところです。

バスターミナルでの待ち時間にベンチに座りながらネットが使えるだけではなく、バス乗車中、八王子インターチェンジ付近のバス停(左入)まで移動している間、ほぼずっとネットが使えました。

利用しているノートパソコンが Let's note J10(WiMAX 内蔵)であることも、利便性向上につながっています。パソコンの電源を入れるだけですぐにネットに繋がり、起動時間はわずか 15 秒、スリープなら一瞬で復帰します。バッテリーもカタログスペックで 12 時間とかなりの容量があり、ずっとネットをしていても安心です。

TYPINGMANIA で mp4 が使えた

TYPINGMANIA の自作データ製作において、マニュアル(interval.pdf)には、「video 設定では FLV ファイルを指定して下さい」とあるので、FLV しか使えないと思っていた。

TypingManiaSplashところが、TYPINGMANIA の画面左下に、「H.264 & HE-AAC READY」と書いてあるのに気づいた。ん、これってもしかして、mp4 使えるのでは?

というわけで試してみたら、あっさりと使えてしまった。試した範囲では、以下の形式が使えた。
  • 映像:H.264 Baseline/Main
  • 音声:LC-AAC/HE-AAC
  • コンテナ:mp4

HE-AAC 限定かと思いきや、普通に LC-AAC も使えたので良かった。エンコードは MediaCoder の 64 ビット版で行っている。


ネットで検索してみると、どうやら、mp4 使える情報は、TYPINGMANIA wiki に記載されていたらしい。しかし残念なことに、現在は TYPINGMANIA wiki が存在していないようだ。


やはり FLV(Sorenson H.263)よりも mp4(H.264)の方が画質が良い。


FLV(ビットレート 780kbps)の 1 コマ。真ん中にいるテトの茶色い服の部分を拡大したのが右側の写真(クリックで拡大)。

WingNotesFLV WingNotesFLVZoom

下が mp4(ビットレートは同じく 780kbps)。

WingNotesMP4 WingNotesMP4Zoom


全体的に mp4 の方がにじみやノイズが少ない。FLV では、茶色い服のフチの部分が、髪の毛の青の影響を受けているが、mp4 の方は綺麗だ。


DVD から mp4 に変換するメモ

いつも忘れてしまうのでメモっておく。
  1. DVD Decrypter で IFO 形式に変換。
  2. VOBUtils で.vob 形式に変換。
  3. MediaCoder 32 ビット版で、すべての .vob を登録し、グループ化してからエンコード
MediaCoder 64 ビット版は未確認。


TYPINGMANIA の自作曲レベルを算定するサイトを公開

音楽に合わせて歌詞を入力するタイピングゲーム「TYPINGMANIA」は、曲データを自作することができますが、そのデータのレベルを自動算定するウェブページを公開しました。


作成した XML ファイルを指定するだけで、簡単にレベルを算定できます。


TYPINGMANIA 5 は、PV でタイピングできるようになったのでさらに楽しくなりましたね。


ホムンクルスの夢 星の在り処

千本桜 カシオペイア

まるくなる 紅一葉
レクイヱム 夕日坂




カウンター


カンパのお願い
Amazon でお買い物の際は、下記で検索して頂けたら幸いです。
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ