WiMAX 鉄道スピードテストのよもやま話

既に日常日記の方で報告したように、WiMAX エリアマップの鉄道版とも言える「WiMAX 鉄道スピードテスト」を公開。UQ も力を入れている鉄道での WiMAX エリア化について、スピードテストの実測値をみんなで共有するサイトなので、WiMAX ユーザーの方は是非、速度を測定して結果をご登録下さい。

さて、こちらは PC 日記なので、WiMAX 鉄道スピードテストの仕組み的なところなどを。

大まかな流れは、予め路線&駅のデータベースを用意しておき、ユーザーの結果登録の際には、選択肢から路線や駅を選んでもらう。結果が投稿されたら、データベースに登録すると共に、駅別・路線別での集計を行う。

基本的な設計思想は、「なるべくサーバーに負担をかけない」。無料レンタルサーバーなので、重い処理をやらせると本当に重くなってしまいそうだったのと、下手するとアカウントを消されてしまいそうなので。

そのため、集計ページにアクセスされる度にデータベースを読んで、ダイナミックにページを生成する方式は却下。本当は、ダイナミックに生成する方が、最近 3 ヶ月だけの結果を表示するとか、いろいろなことができそうなんだけど、我慢我慢。測定結果登録時に静的 HTML を生成する方式とした。

測定結果登録時、カテゴリ・鉄道会社の選択によって路線の選択肢が変わるようになっているが、こういうインタラクティブな部分も、極力 JavaScript の実装にして、サーバーに負担を掛けないようにしている。

鉄道会社のカテゴリのうち、JR は 1 社 1 カテゴリになっているのも、実は負荷軽減のため。測定結果が登録された場合、最終的にはカテゴリの路線一覧を更新する必要があるが、JR 全体を 1 カテゴリにまとめてしまうと、路線数がかなり多くなってしまい、更新に時間がかかってしまう。

右側メニューの「最近の登録」は、実はインラインフレーム。正攻法でいくと、測定結果が登録されたら、既存の全てのページの「最近の登録」を書き換えないといけないが、これはとてもとても重すぎる。そこで、「最近の登録」を集めた HTML 1 つのみを更新し、他の全てのページは、この HTML をインラインで読み込んでいる。

ブログシステムは「最近の記事」をどうやって処理してるんだろう。さすがに記事登録ごとに全ページ更新はやっていないのではと思うのだけど。キャッシュ機構を導入して、初回表示時に「最近の記事」を合成する、とかなのかな。

負荷以外の面で言えば、路線ごとのつながりをちゃんと管理しているのがポイント。例えば、山手線では、大崎駅で埼京線などに乗り換えができる旨の表示を行い、ワンクリックでその路線の結果を見ることができるようになっている。

表示で苦労したのは、速度の棒グラフ。グラフ自体は簡単なんだけど、グラフに数字を重ねるというのが難しい。毎回グラフの長さが違うので、グラフを背景画像にするというわけにはいかない。いろいろ試行錯誤した結果、棒グラフと数字を 2 行で表示し、棒グラフは行半分だけ下にずらし、数字は逆に行半分だけ上にずらすことで、重ね合わせを実現している。この方法であれば、乗り換えセルが複数行になっても、棒グラフはきちんと重ね合わせが維持される。

単純そうなサイトだけど、意外とそれなりに苦労しているのであった。

WiMAX 6150 / 6250 チップの違いについて

※再度まとめなおしました。こちらの記事をご覧ください。

最近の WiMAX 内蔵 PC(WiMAX パソコン)において、WiMAX 通信機能を担っているのは、Intel のチップセット「Intel Centrino Wireless-N + WiMAX 6150」か「Intel Centrino Advanced-N + WiMAX 6250」のどちらかであることが多い。

では、6150 と 6250 は何が違うのか?

調べてみようと思ったきっかけは、マイコミジャーナルの記事。6150 の方が性能が良いと紹介されている。しかし通常は、型番の数値が大きい方が性能が良いものだ。しかも、6250 は名前に「Advanced」を冠していて上位っぽいのだが。

結論から言うと、「WiMAX に関しては」6150 の方が高性能ということのようだ。

製品の世代としては、PC Watch の記事にあるように、6250 の方が先に発売されたものだ。6150 は 6250 の廉価版として後から発売されている。

6150 の製品概要6250 の製品概要(いずれも英語の PDF)を見比べてみよう。

WiMAX の速度スペックとしては、6150/6250 とも、下り最大 28Mbps、上り最大 8Mpbs となっており、違いは無い(余談だが、UQ WiMAX の速度スペックは下り最大 40Mbps、上り最大 10Mbps なので、WiMAX パソコンだと、WiMAX の速度を活かし切れないことになる)。

違うのは、マイコミジャーナルの記事にあるように、6150 のみ、Transmit Antenna Selection (TAS) 機能がついており、2 つのアンテナのうち電波状態がよいアンテナをダイナミックに選択してデータ送信してくれる。後発製品ならではの進化点だろう。

ではなぜ 6150 の方が廉価版なのかというと、PC Watch の記事にあるように、6250 はアンテナ構成が 2x2(送信 2、受信 2)なのに対し、6150 は 1x2(送信 1、受信 2)と、送信が 1 つ少なくなっている。

製品概要 PDF を見る限りでは、送信のアンテナの数の違いは WiMAX ではなく Wi-Fi に影響するようだ。6250 の Wi-Fi スペックは Tx(送信)も Rx(受信)も 300Mbps なのに対し、6150 は Tx 150Mbps、Rx 300Mbps と、送信速度が半分になっている。

つまり、Wi-Fi も含めた総合機能としては 6250 の方が高性能なので、6250 の方が上位に位置づけられているものの、6150 は WiMX 的オマケ機能が付いたので、WiMAX に限って言えば、6150 の方が快適に利用できる、という理解でいいようだ。

ただ、謎なのは、スペック上、6150 は送信アンテナが 1 つなのに、なんで TAS 機能を搭載できるのか、というところだ。

1x2 というのはあくまでも Wi-Fi 用のアンテナで、WiMAX 用のアンテナは別な構成になっているということなのだろうか。でも Wi-Fi と WiMAX のアンテナが別なら、Wi-Fi と WiMAX を同時利用できてもいいと思うから、やっぱり Wi-Fi と WiMAX のアンテナは同じなんだろうねぇ……。うーむ。

※再度まとめなおしました。こちらの記事をご覧ください。

R1/Alpha 3 は

R1/Alpha 2 とくらべてこの辺が変わりました、みたいなまとめってあるのかな? 数多すぎて書ききれないとは思うけど、トピック的なところが欲しい気が。

時間ができたらいろいろ起動してみたい。

Haiku R1/Alpha 3 リリース

ついに、Haiku マイルストーン第 3 弾、R1/Alpha 3 がリリース!

ダウンロードなぅ。

GUI なデバッガー?

r42255 など、最近の Haiku のコミットには、デバッガー関連が割と多い。

フォルダ名に GUI とか○○ウィンドウとか、GUI を示唆するような文字列が入っているのだけど、これって、bdb の後継となる GUI デバッガーが入るってことなのかな?
カウンター


カンパのお願い
Amazon でお買い物の際は、下記で検索して頂けたら幸いです。
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ