簡易キーチェンジャー Ver 1.13 を公開

EasyKeyChanger_WebCommand簡易キーチェンジャーの新バージョン、Ver 1.13 を公開しました。

簡易キーチェンジャーは、MPC-BE などのメディアプレーヤーで再生中の音声を、リアルタイムでキー変更(音程の上下)するための DirectShow フィルターです。イメージとしては、カラオケでキーを上げ下げするのと同様のことができます。

上下させる量などをブラウザで指定できるのが特徴です。

主にゆかりと組み合わせて使用することを想定して開発されています。


更新内容

一部のコーデックから受信する情報が不正だった場合でも、正しく音声を再生できるようにしました。これにより、一部のハイレゾ音源動画が再生できない現象に対応しました。ゆーふうりんさんのおかげで対応ができました。ありがとうございます。

また、音声トラックを切り替えた際にサンプリングレートが変更になる場合にも対応しました。


更新・新規インストール方法

下記サイトからどうぞ。


マシンスペックまとめ(モバイルマシン:LAVIE Hybrid ZERO)

lavie新しく購入したモバイルノート PC「LAVIE Hybrid ZERO」のスペックを整理。

購入価格は 219,770 円。

パーツ型番
名称NEC LAVIE Hybrid ZERO カタログモデル
(PC-HZ750GAG)
ディスプレイ13.3 型ワイド LED IPS液晶(タッチパネル対応)、1920 x 1080(フル HD)
CPU
Intel Core i7-7500U
※物理 2 コア、HT 有り(論理 4 コア)、実クロック 2.70 GHz(Turbo Boost 3.50 GHz)、TDP 15W、14nm プロセス
メモリ
8GB
(LPDDR3 SDRAM)
ビデオカード
オンボード
(Intel HD グラフィックス 620)
サウンドカード
オンボード
有線 LAN
なし
無線 LAN
IEEE802.11ac/a/b/g/n 準拠(最大 867 Mbps)、Wi-Fi Direct 準拠、Bluetooth Smart Ready 準拠
WAN
なし
SSD
256 GB
バッテリー
約 10.0 時間駆動
質量
本体 831g + AC アダプタ 192g = 1,023g

ノートパソコンはこれまで Let's note を使っていて、6 年前に購入したパソコンにも関わらず、通常使う分には全く問題がなかった。しかし、HDMI で外部ディスプレイ出力する際、フル HD 60 fps などの重い動画を再生できないことが判明(恐らく内蔵 GPU が弱い)。そこで新しいのを買うことにしたのだが、条件としては、
  • 液晶は 13.3 インチ程度まで(大きすぎると持ち運びづらい)
  • 本体重量は 1kg 以下が望ましい(重いと持ち運びづらい)
  • メモリは 8GB 欲しい
  • HDMI ポート必須
  • USB 3.0 / 3.1 ポート必須
  • タッチパネル対応が望ましい
で、ヨドバシとビックを眺めてみた。店頭に並んでいる分だけしかチェックしなかったので、色々と漏れはあるのだが、
  • 東芝 dynabook:薄くてスタイリッシュで良い感じなのだが、軒並み HDMI が無かった(今 Web 見たら、USB ポートにアダプタ付けて HDMI 出力できるらしい)
  • SONY VAIO:メモリが 4GB しかなかった
  • ASUS:メモリが 4GB しかなかった、タッチパネル非対応
  • LG:全体的に安価なのが魅力的だったが、13.3 型は HDMI が無かった(大きいのには HDMI があったが)、タッチパネル非対応

LAVIE と最後まで迷ったのは、Panasonic Let's note。コンパクトな RZ が店頭にあれば買ってたかもしれないが、残念ながら品切れだった。タブレットになる XZ は、タブレットにならなくていいんだけどというのと、価格が少しだけ LAVIE より高かったことを考え、総合的には LAVIE かな、となった。



簡易キーチェンジャーのソースコードを公開

再生中の音声のキー(音程)をリアルタイムで上下させるための DirectShow フィルター「簡易キーチェンジャー」について、ソースコードを GitHub で公開しました。

簡易キーチェンジャー Ver 1.11 を公開

EasyKeyChanger_WebCommand簡易キーチェンジャーの新バージョン、Ver 1.11 を公開しました。

簡易キーチェンジャーは、MPC-BE などのメディアプレーヤーで再生中の音声のキー(音程)を、リアルタイムで上下させるための DirectShow フィルターです。イメージとしては、カラオケでキーを上げ下げするのと同様のことができます。

上下させる量などをブラウザで指定できるのが特徴です。

主にゆかりと組み合わせて使用することを想定して開発されています。


更新内容

これまで簡易キーチェンジャーは 32 ビット版のみの提供でしたが、今回から、64 ビット版と 32 ビット版の両方を同梱しています。これにより、ホストアプリケーション(MPC-BE など)が 64 ビット版・32 ビット版どちらの場合でも使えるようになります。

音質を向上させました。キーを大幅に下げた場合、ボーカルが舌足らずな感じになっていたのを改善しました。

処理を高速化しました。開発者の環境では、旧バージョンよりもおよそ 3 倍高速になっています。

更新・新規インストール方法

下記サイトからどうぞ。


簡易キーチェンジャー Ver 1.02 を公開

EasyKeyChanger_WebCommand新作ソフト「簡易キーチェンジャー」をリリースします。

簡易キーチェンジャーは、MPC-BE などのメディアプレーヤーで再生中の音声のキー(音程)を、リアルタイムで上下させるための DirectShow フィルターです。イメージとしては、カラオケでキーを上げ下げするのと同様のことができます。

上下させる量などをブラウザで指定できるのが特徴です。

ダウンロードは以下からどうぞ。





カウンター


カンパのお願い
Amazon でお買い物の際は、下記で検索して頂けたら幸いです。
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ