ゆっこビュー(ゆかりコメントビューアー) Ver 2.30 を公開

ゆっこビュー動作イメージゆっこビューの新バージョン、Ver 2.30 を公開しました。

ゆっこビューは、ゆかり(動画持ち込みカラオケ用リクエストツール)に書き込まれたコメントを、ニコニコ動画風に流して表示するためのツールです。

(かり) (メント) ビュー(アー)」の略で「ゆっこビュー」です。

更新内容

コメント表示エンジンを改善しました。

コメントの長さに応じて流速を変えるようにしました。長いコメントは速く流れます。一部のコメントが表示されない不具合も修正しました。

その他、細かい部分を改善しています。

今回の更新内容を含む課題対応履歴についてはこちらをご覧ください。

更新・新規インストール方法

ゆっこビュー自動更新ゆっこビューは自動更新機能を搭載しています。既にゆっこビューをお使いの方は、ゆっこビューを起動すると、3 日以内に更新のアナウンスが表示されます。

すぐにアップデートしたい場合は、環境設定ウィンドウを開き、「今すぐ最新情報を確認する」ボタンをクリックすることで、アップデートを開始することができます。

右のようなダイアログが表示されますので、「はい。今すぐ更新します」をクリックしてください。

インストール開始画面に案内が表示されますので、案内に従って操作をして下さい。

更新完了ほどなくして、ゆっこビューの更新が完了します。

これから初めてゆっこビューを使う方(新規の方)や、手動でゆっこビューを更新したい方は、下記サイトからどうぞ。


ゆかりすたー Ver 6.01 β 公開

YukaLister_MainWindowゆかりすたーの新バージョン、Ver 6.01 β を公開しました。

ゆかりすたーはニコカラ動画ファイルを整理し、「ゆかり」(持ち込みカラオケ用のブラウザリクエストツール)から検索できるようにするツールです。データベースを活用することにより、タイアップしている番組名や歌手名などの付加情報を含めて整理するので、単なるファイル名検索にとどまらない高い検索性を提供することができるようになります。

ゆかりすたーは、ニコカラりすたーの後継ソフトとして開発しています。ニコカラりすたーは一時点でのリスト化機能のみを提供していましたが、ゆかりすたーは、ゆかりと連携した高度な検索性の提供を目的に、リアルタイムでのリスト化機能を提供します。

更新内容

ファイル一覧ウィンドウを搭載しました。ゆかり検索対象フォルダーに追加したすべてのフォルダー内にあるファイルの情報を一覧できます。
データが存在しない項目はピンクで表示されて一目瞭然となり、「フォルダー設定」「編集」ボタンで情報を編集できるため、うまくリスト化されないファイルの情報の修正がやりやすくなりました。

ゆかり用リストのリンク先をゆかりすたー用のページに変更しました。これにより、ゆかりとゆかりすたーの設定を正しく行えば、Everything 不要でゆかりを運用可能となります。

meisyou名称の編集ウィンドウの画面配置を変更しました。

これまでは上部が楽曲、下部がタイアップでしたが、データの依存性を考慮し、上部をタイアップ、下部を楽曲としました。今までと逆になっていますので、既存のユーザーの方はご注意下さい。

その他、細かい改善をしています。

更新・新規インストール方法

ゆかりすたーは自動更新機能を搭載しています。既にゆかりすたーをお使いの方は、ゆかりすたーを起動すると、3 日以内に更新のアナウンスが表示されます。

Ver150to168右のようなダイアログが表示されますので、「はい。今すぐ更新します」をクリックしてください。

ゆかりすたー更新版インストール画面に案内が表示されますので、案内に従って操作をして下さい。

ゆかりすたー更新完了ほどなくして、ゆかりすたーの更新が完了します。

これから初めてゆかりすたーを使う方(新規の方)や、手動でゆかりすたーを更新したい方は、下記サイトからどうぞ。

H.264 / H.265 再生負荷メモ(Core i7-3770S)

H.264 でエンコードされた動画と、H.265 でエンコードされた動画をそれぞれ再生した時の、CPU / GPU 負荷がどれくらいか、のメモその 2。

再生環境はメインマシンで、CPU は Intel Core i7-3770S(4 コア 8 スレッド)、GPU は RADEON HD 5570(UVD 2.2 搭載)。H.264 のデコードは GPU のハードウェア支援があるが、H.265 は支援がない。

Full HD のモニターを接続して動画を再生した時の負荷を計測(GPU 負荷は計測不可)。動画プレーヤーは MPC-HC。結果は以下。

Decode_i73770S


意外なことに、Full HD サイズまでは H.264 と H.265 の負荷に差が無い。4K2K では差が出ている。

もしかしたら、H.264 の GPU 支援は効いていないのかもしれない。4 スレッドの i7-7500U で H.264 Full HD の負荷が 7% だったのに対し、8 スレッドの i7-3770S の負荷が 9% なのは不自然に思える。GPU 支援が効かずに CPU で処理しているから負荷が高いのではないか。

CPU パワーごり押しだとしても、旧世代の i7 でも、H.264 も H.265 も問題なく再生できている。

【追記】
VLC プレーヤーで再生したところ、H.265 は H.264 の 1.5 倍くらいの再生負荷となった。MPC が利用している H.265 デコーダーが優秀ということなのか?

H.264 / H.265 再生負荷メモ(Core i7-7500U)

H.264 でエンコードされた動画と、H.265 でエンコードされた動画をそれぞれ再生した時の、CPU / GPU 負荷がどれくらいか、のメモ。

再生環境は NEC LAVIE Hybrid ZERO で、CPU は Intel Core i7-7500U(2 コア 4 スレッド)、GPU は内蔵の Intel HD グラフィックス 620(QSV 6 搭載)。H.264 / H.265 のデコードは GPU のハードウェア支援がある。

セカンドディスプレイに Full HD のモニターを接続し、セカンドディスプレイで動画を再生した時の負荷を計測。動画プレーヤーは MPC-BE。結果は以下。

Decode


第 7 世代の Core プロセッサーでは、CPU 負荷・GPU 負荷ともに、H.264 と H.265 でほとんど差が無いようだ。

以下に、CPU 負荷の推移のグラフを貼っておく。赤線部分が動画を再生している時の負荷。

H264_HDH.264 / HD

H264_FHDH.264 / Full HD (30 fps)

H264_FHD_60H.264 / Full HD (60 fps)

H264_4KH.264 / 4K2K

H265_SDH.265 / 640 x 360

H265_HDH.265 / HD

H265_FHDH.265 / Full HD

H265_4KH.265 / 4K2K



AQUOS PAD 壊れてなかった

SHARP AQUOS PAD(タブレット)が壊れたと思ってスマホを買ったが、実は壊れてなかったことが判明。

症状としては arrows M02/RM02 と同じで、原因は Google Play 開発者サービスの不具合だった。AQUOS PAD (SH-05G) のAndroid バージョンは 5.0.2 で、当時の Google Play 開発者サービスのバージョンは 12.8.72 なので、不具合の影響を受けた。

GooglePlay現在は Google Play 開発者サービスがバージョンアップされて 12.8.74 になったので、最新の Google Play 開発者サービスをインストールすることにより症状が治った。

Google Play 本体が起動しない症状の中で、Google Play 開発者サービスのバージョンアップのやり方も先の記事に記載があったが、残念ながら AQUOS PAD はその方法ではバージョンアップできなかった。端末を探す機能を OFF にしようとしてもできなかったのだ。

仕方が無いので、AQUOS PAD を再度初期化。これにより最新の Google Play 開発者サービスがインストールされ、問題解決。

また、たまにしか使わないので最初気付かなかったが、FREETEL Priori 3S も同様の症状に陥っていた。こちらは Android バージョン 5.1。

やはり端末を探す機能が OFF にできず、そのままでは Google Play 開発者サービスをアップデートできなかったので、AQUOS PAD から Google Play 開発者サービスの apk を移すことにより、Priori もバージョンアップ完了し、症状が治った。

というわけで、結果論としては、新しいスマホを買う必要はなかったが……。結構気に入ったしまぁいいか。



カウンター


カンパのお願い
Amazon でお買い物の際は、下記で検索して頂けたら幸いです。
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ